参加者へのご案内

当日参加費:一般会員・非会員12,000円、学生会員・非会員7,000円(学生証をご提示ください。)

1.総合受付(松山大学2号館1F 212番教室)
 事前参加登録を済ませた方は受付の必要はありません。当日の参加登録申込み、持久走大会参加申込み、参加証再発行(再発行料500円)を受け付けます。
 ネームカードを着用されていない方は第72回日本体力医学会大会に参加する事ができません。
ネームカードをお忘れになった方は再発行(再発行料500円)を受けてください。
 受付時間
9月16日(土) 9月17日(日) 9月18日(月)
8:20~18:00 8:20~18:00 8:20~13:00

2.クローク(松山大学2号館1F 213番教室)
  受付時間
9月16日(土) 9月17日(日) 9月18日(月)
8:20~18:30 8:20~18:30 8:20~13:30

3.展示会場(松山大学カルフール1F カフェテリア)
9月16日(土) 9月17日(日) 9月18日(月)
9:00~17:30 9:00~17:30 9:00~12:30

4.セミナーチケット(整理券)及び配布物について
ランチョンセミナー、特別講演1にご参加の際には整理券が必要です。
○ランチョンセミナー【開催日時 9月16日(土)・17日(日)各日12:10~13:10】
 整理券を9月16日(土)・17日(日)各日とも8:20から総合受付付近にて配布いたします。
 開催日当日分の整理券のみ配布いたします。
 その際には大会参加証の提示が必ず必要になります。
 ※整理券がなくなり次第、終了となります。
  • ※整理券は該当セミナー開始5分後で無効となり、お弁当をお渡しできない場合もございますので、お早めに御来場ください。
 ※9月18日(月)はランチョンセミナーはございません。
○特別講演1 【開催日 9月16日(土)13:30~14:30】
 「チームマネジメント 今治からの挑戦」
   演者:岡田武史(株式会社今治.夢スポーツ代表取締役会長)

 整理券を9月16日(土)8:20から総合受付付近にて配布いたします。
 その際には大会参加証の提示が必ず必要になります。
 整理券がなくなり次第、終了となります。
 ※整理券は講演開始5分後で無効となりますので、お早めに御来場ください。
 ※取材/マスコミ関係者の方の入場はお断りさせていただきますので予めご了承ください。
○コングレスバックの配布
 コングレスバックを9月16日(土)8:20の受付開始から総合受付付近にて配布いたします。
 引換には、参加証に付いている引換券が必ず必要になります。
 ※コングレスバックがなくなり次第、終了となりますので、お早めに御来場ください。

5.写真撮影(松山大学カルフール1F カフェテリア)
 写真撮影許可証を携行されていない方の写真撮影は固くお断りいたします。一部講演を除き、報道関係の方など、一定の条件を満たす方を対象に総合受付で写真撮影許可証を発行いたします。

 座長の先生方へ

1.受付等
 本大会では指定プログラム、一般口頭発表は座長制による進行となります。
 座長の先生方は、担当セッションの始まる10分前までに所定の場所(次座長席)で待機してください。

2.発表時間
 A会場を除く口演会場(B会場~H会場)におきましてはアナウンスはございません。お時間になりましたら、会場係の指示に従いセッションを開始していただきますようお願いいたします。
  • ・指定プログラムの発表方法と時間は座長の先生方へ一任いたします。ただし時間内に終了するようにご協力お願いいたします。
  • ・一般演題の座長の先生方はお時間になりましたらセッションを開始してください。
  • ・一般口頭発表の発表時間は1演題あたり発表7分、質疑2分の計9分を予定しております。1分の入れ替え・準備等の時間を含め、10分で完結をお願いします。討論方法は一任いたしますが、時間厳守で時間内に終了するようにご協力お願いいたします。

 演者の皆様へ

1.指定プログラムについて
(大会長講演・特別講演・教育講演・公開シンポジウム・学会賞受賞講演・シンポジウム・ワークショップ・ランチョンセミナー・国際セッション・国際シンポジウム)
 1)発表時間
 発表時間は座長の指示に従ってください。
 2)発表用パソコンの持ち込みについて
 発表用のパソコンの持ち込みは可能です(一般口演ではMacintosh以外の持ち込みはご遠慮ください)。会場で用意するPCケーブルコネクタの形状は、ミニD-sub 15ピンです。この形状に変換するコネクタを必要とする場合には必ずご自身でお持ちください。
  • ※HDMIやMini Display PortなどD-sub 15ピン以外の接続はお受けできません。
  • ※Macintoshでは変換コネクターが必要です。VGAアダプターと電源アダプターも必ずご持参ください。
  • ※iPadの持ち込みによる発表はできません。
  • ※スムーズな進行の為に、「発表者ツール」の使用はお受けできません。
  • ※スクリーンセーバー、ウイルスチェック、並びに省電力設定(Macintoshの場合はホットコーナーも)はあらかじめ解除しておいてください。解除されておりませんと発表中にスクリーンセーバー等が作動してしまうことがあります。
 3)その他
 その他の注意事項は一般口頭発表に準じます。

2.一般口頭発表について
 1)基本事項
演題番号の表示は先頭から、発表形式-セクション番号-日程発表会場-発表順を示しています。
 (例)O10-1D-01→口頭発表セクション番号10- 1日目D会場- 1番目(発表順序)
演者の方は発表開始10分前までに、次演者席にお越しください。
 2)発表時間
(1)発表7分、質疑2分の計9分です。
 ※発表時間は厳守いただきますようお願いいたします。
 3)発表形式
  • (1)事務局が用意したPCによる発表とさせていただきます。ご発表データはUSBメモリに収め、あらかじめMicrosoft社製Windows 7以降上で動作確認をしたものをお持ちください。一般口演では発表者のパソコンを持ち込んでのご発表はお断りさせていただきます。投影は単写で動画や音声の使用の場合はPCセンターにご申告ください。
  • (2)発表に際しては、演台上のモニターを確認しながら、マウスまたはキーボードをご自身で操作して、画面を進めていただきます。
  • (3)ポインターは会場ごとに事務局が準備いたします。
 4)大会で使用する発表機材
大会で使用するパソコンの使用OSとアプリケーションは以下の通りです。
OS:Windows 10
アプリケーション:PowerPoint 2016(2007, 2010, 2013形式対応)
※Macintosh本体は用意しておりません。
 5)パソコンの持ち込みについて
■一般口演では発表者のパソコンを持ち込んでのご発表はお断りさせていただきます。
 6)発表ファイル作成時の注意事項
  • (1)提出するファイル形式
     PowerPoint 2007, 2010, 2013, 2016形式、ファイルを作成する場合には拡張子は「.pptx」で保存してください。(「.ppt」で保存していただく必要はありません。)
     他のアプリケーションで作成された場合であっても、必ずファイルをPowerPoint形式に変換してください。
    • ※他のアプリケーション(OpenOffice, Keynote等)で作成しファイルをPowerPoint形式に変換した場合、Macintosh版PowerPointで作成したファイルの場合は、Windows版PowerPointで開いた場合、画像データなどが表示されないことがあります。必ず、事前にWindows版PowerPointで試写した上でデータをお持ちください。
  • (2)使用フォント
    表示による不具合を避けるため、下記のOS標準フォントをご使用ください。
    日本語:MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝
    英 語:Arial、Arial Black、Century、Century Gothic、Times New Roman
  • (3)ファイル名
    発表データのファイル名は「演題番号(半角スペース)筆頭演者名」としてください。
     (例)「O1-1C-01 愛媛太郎.ppt」、「O1-1C-01 愛媛太郎.pptx」
  • (4)その他
    画面の解像度はXGA(1024×768 ピクセル)です。投影は単写のみです。
 7)発表データ受付
発表データについて
  • ■発表データは、原則として「データを記録した媒体(USBフラッシュメモリまたはCDR)」にてお持ちください。
    記録媒体にてお持ちいただいたデータは、PCセンターのオペレーターがネットワークサーバーにコピーし、各会場のPCに転送します。なお発表で使用したファイルは発表終了後、主催者が責任を持って消去いたします。
受付場所
 ○A会場  (松山大学カルフール3F ホール前)
 ○B~H会場(松山大学2号館1F 212番教室付近)
受付時間
 各発表セッションのおおよそ30分前までに、各PCセンターにて受付を行ってください。
  • ※翌日、翌々日のご発表も受付できます。早い時間のご発表の方は前日受付にご協力お願いいたします。
松山大学 9月16日(土) 9月17日(日) 9月18日(月)
カルフール3F ホール前
A会場
8:20~17:00 8:20~18:00 8:20~11:30
2号館1F 212番教室付近
B会場~H会場
8:20~17:00 8:20~18:00 8:20~11:30

3.ポスター発表について
 1)基本事項
演題番号:演題番号の表示は先頭から、発表形式-日程-パネル番号を示しています。
 (例)P-1-001→ポスター発表-1日目-パネル番号001
ポスターの大きさ
 本文記入欄サイズ
 縦160cm×横90cm
 演題名・所属・発表者名記入欄サイズ
 縦20cm×横70cm
 サイズ内に収まるように各自で準備し、演題番号の右横(パネル上段)に貼ってください。
注意事項
 演題番号は事務局が準備します。
 演題名・所属・発表者名はご自身でご用意ください。
 2)ポスター受付、貼付、発表について
会場・受付
【ポスター会場① 松山大学カルフール2F 談話室】
【ポスター会場② 松山大学2号館1F 214番教室】
 発表者は貼付時間内にポスター受付を行ってください。
 ポスター受付で発表者用のリボンを必ず受け取ってください。押しピンは大会本部で用意します。
ポスター掲示
 ポスターの掲示は、貼付時間内に必ず済ませてください。掲示がない場合には、発表を取り消すことがあります。
発表時間
 発表時間は30分間です。前半は奇数番号、後半は偶数番号の発表者がポスター前に待機頂き自由討論の時間となります(座長は付きません)。発表者の方は自由討論時間中は必ずリボンをつけてポスター前にお立ちください。
撤去
 発表終了後、撤去時間内に済ませてください。
 3)スケジュール
演題番号 P‒1‒001~P‒1‒177 P-2-001~P-2-176 P-3-001~P-3-177
  9月16日(土) 9月17日(日) 9月18日(月)
貼付時間 8:30~10:00 8:30~10:00 9/17(日)16:00~16:30
掲示時間 10:00~17:00 10:00~14:30 9/17(日)16:30~18:00
9/18(月)9:00~12:10
奇数番号発表時間 17:00~17:30 14:30~15:00 12:10~12:40
偶数番号発表時間 17:30~18:00 15:00~15:30 12:40~13:10
撤去時間 18:00~18:30 15:30~16:00 13:10~13:40

 4)その他
引き取りのないポスターは、会期終了後に事務局で処分させて頂きます。
ポスターの撤去が終わりましたら、発表者用リボンはポスター受付に返却ください。

 指定プログラム発表者の皆様へ「体力科学1号」掲載原稿について

1.文字数
 大会長講演 9,250文字以内(日本語)
 特別講演 2,050文字以内(日本語)
 教育講演 2,050文字以内(日本語)
 シンポジウム(全体の要旨と各シンポジストの要旨) 2,050文字以内(日本語)
 県民公開シンポジウム(全体の要旨と各演者の要旨) 2,050文字以内(日本語)
 ワークショップ(全体の要旨と各演者の要旨) 2,050文字以内(日本語)
 日本体力医学会プロジェクト研究の成果報告(各演者の要旨) 2,050文字以内(日本語)
 国際セッション 4,100文字以内(半角英数)
 ※演題名、氏名、所属機関は必ず入れてください(制限文字数に含みません).
  • ※体力科学掲載用抄録で図表を含めたい方は原稿を事務局へ別途ご送付ください(その場合は、文字数を減らしてください).
2.締め切り日
 2017年9月29日(金)必着
3.登録方法
 予稿集の内容に修正・加筆されご提出ください。
 原稿を事務局に提出していただく際には、原稿をWord形式にて作成し、下記事務局まで、E-mailにてお送りください。
第72回日本体力医学会大会事務局
E-mail: tairyoku72@yamada-planning.co.jp

 一般発表(口頭・ポスター)の皆様へ
「JPFSM No.6」掲載について

 一般研究発表された演題の抄録は英文とし学会誌「JPFSM No. 6」に掲載します。演題申込みと同様、大会ホームページ上で受付を行います。
※英文抄録は発表者各自でネイティブチェックを受けることを推奨します。
1.文字数
 演題、演者、共同研究者、所属機関、本文、キーワードすべて含めて半角英数文字1,800字(スペースを含む)以内で作成してください。小見出しも字数に含まれます。図表を入れることはできません。
2.締め切り日
2017年9月29日(金)正午まで(締め切りを厳守してください)
※締切を過ぎると「JPFSM No. 6」への抄録の掲載ができません。
3.登録方法
 抄録の登録は,「演題登録」ページから行ってください。その際、演題登録時に発行された登録番号とパスワードの入力が必要となります。