本画面では一般演題のみ登録を受け付けております。
指定プログラム(シンポジウム、ワークショップ、教育講演など)の登録は受け付けておりません。
指定プログラムの先生方には個別にご案内いたします。


 演題応募資格

演題登録ができるのは,会員番号を持つ日本体力医学会員に限ります(会員番号は会員名簿に記載).共同研究者は学会員でなくてもかまいません.非会員の方は,日本体力医学会ホームページからオンラインで,入会手続きを行って下さい.(自動返信メールで会員番号が通知されます)
また、発表者としての一般研究発表への登録は、会員1名につき1演題に限ります。
共同研究者としての演題登録は、何演題でもかまいません。

■ 一般研究発表の種類と注意事項
一般研究発表は、口頭発表とポスター発表の2種類です。口頭発表には限りがありますので、希望に添えない場合があります。発表形式の決定は実行委員会に一任させていただきますことをご了承ください。

■ 演題登録期間
演題登録開始: 平成29年4月3日(月)正午から
締切: 平成29年5月22日(月)正午まで
平成29年5月31日(水)23:59まで
※延長しました
発表者の会員登録が未完了の場合、演題登録は受付けられませんので、ご注意ください。


 演題登録方法

演題登録は、UMINオンライン演題登録システムを使用します。メール、FAX、郵送による演題登録は受け付けておりませんのでご注意ください。
UMINオンライン演題登録システムへはこのページ下のボタンからアクセスできます。


 登録における注意事項

1.大会予稿集抄録の字数
演題名、所属機関名(大学名・所属機関のみ)、筆頭演者名、共同研究者名、本文を含めて総文字数658文字以内で作成してください。(大学名・所属名は大学名のみ記入してください)。抄録には図表を入れることは出来ません。

2.大会予稿集抄録の構造化
大会予稿集抄録は【背景】、【目的】、【方法】、【結果】、【結論】の小見出しをつけてください。構造化されていない抄録は原則として採択いたしません。

3.共同演者が多数いる場合
共同演者は15名まで登録できます。ただし、共同演者の氏名、所属先を含めて、制限文字数内になるように注意して下さい。制限文字数を超えた場合、受理出来ない事がありますのでご注意ください。


 演題の受領および発表日時の通知

演題の受領通知は、電子メールにて行います。また、演題の採否は、大会実行委員会において決定し、7月上旬に電子メールにて通知いたします。


 その他の注意事項

1.会員の使用コンピューターの問題で演題応募ができない場合でも特別の配慮はいたしません。
2. 登録番号とそのときに決めたパスワードは大切に保管してください。
登録番号、パスワードに関する問い合わせには、運営事務局では、セキュリティーの関係上一切応じられません。


 演題分類

I. 生理科学的研究
1.神経,感覚
a.末梢神経 b.中枢神経 c.感 覚 d.運動制御   
2.運動器
a.筋生理 b.筋生化学 c.サルコペニア  d.骨,関節
e.骨粗鬆症      
3.呼吸,循環
a.呼 吸 b.心 臓 c.末梢循環  
4.血液,免疫
a.血 液 b.免 疫    
5.体液,内分泌
a.体液,汗,尿 b.内分泌    
6.代 謝
a.エネルギー代謝 b.糖代謝 c.蛋白代謝 d.脂質代謝
7.栄養,消化
a.栄 養 b.消化,吸収      
8.形態,体構成
9.加齢,性差
a.発育発達 b.老 化 c.性 差 d.ロコモティブ
   シンドローム
10.環 境
a.温湿度 b.気圧,風圧 c.低酸素 d.高酸素
11.トレーニング
a.呼吸,循環 b.代謝 c.筋骨格系他 d.体組成
e.その他      
12.生活,健康
a.休養,疲労 b.健康管理 c.疫 学  
13.バイオメカニクス
a.力学的情報 b.動作分析 c.その他  
14.遺伝子
a.遺伝子多型 b.遺伝子制御 c.その他  
15.その他の生理科学的研究

II. スポーツ医学的研究
1.スポーツと疾患
a.呼吸器疾患 b.循環器疾患 c.代謝疾患 d.スポーツ外傷 
e.スポーツ障害 f.スポーツ歯科  g.その他の疾患   
2.リハビリテーション,運動療法
a.リハビリテーション b.運動療法    
3.薬物,ドーピング
4.スポーツ心理学
5.その他のスポーツ医学研究


 演題の登録・確認・修正

以下の登録ボタンより登録をお願いいたします。

      

暗号通信が使えない場合にのみ以下をご利用ください。

      


 学会誌「JPFSM No.6」の掲載用抄録の登録方法

<学会大会で一般研究発表された演題の抄録は英文とし学会誌「JPFSM No.6」に掲載します>
※英文抄録は発表者各自でネイティブチェックを受けることを推奨します.

1.「JPFSM No.6」の掲載用抄録の登録期間
 開始 平成29年8月上旬(採択通知到着後から)
 締切 平成29年9月29日(金)正午まで

 締切を過ぎると「JPFSM No.6」への抄録の掲載ができません.

2.登録方法
「JPFSM No.6」掲載用抄録の登録は、予稿集抄録登録と同様に大会ホームページから行ってください。その際、一般研究発表の演題登録時に発行された登録番号とパスワードの入力が必要となります。
なお、演題登録時に「JPFSM No.6」掲載用抄録の情報を入力することもできます。入力した場合も、上記の抄録登録期間中に、再度、修正・確認してから登録してください。

3. 抄録原稿作成時の注意事項
 学会大会で一般研究発表された演題の抄録は英文とし、学会誌「JPFSM No.6」に掲載します。
 なお、英文抄録は、編集委員会ではネイティブチェックは行いませんので、発表者各自の責任でネイティブチェックを行い、提出してください。

<注意事項>
1.「JPFSM No.6」の掲載用抄録の登録
 「JPFSM No.6」掲載用英文抄録は、予稿集抄録登録と同様に大会ホームページから行ってください。その際、一般研究発表の演題登録時に発行された登録番号とパスワードの入力が必要となります。
 なお、予稿集抄録登録時に「JPFSM No.6」掲載用抄録の情報を入力することもできます。入力した場合も、抄録登録期間中に、再度、修正・確認してから登録してください。

2. 抄録の字数
 演題、演者、共同研究者、所属機関、本文、キーワードすべて含めて半角英数文字1,800字(スペースを含む)以内で作成してください。小見出しも字数に含まれます。
 図表を入れることは出来ません。
 姓名表記について、姓名は最初の1文字のみ大文字です。
(例:体力 太郎の場合:Tarou Tairyoku)
必ずフルネームで入力してください。

3. 抄録の構造化 抄録は原則として、[Aims] [Methods] [Results] [Conclusions] の小見出しをつけてください。

 必要な項目(すべて英文でご記入ください。
●演題名 半角100字程度(スペースを含む)
●筆頭演者の名(First Name)姓(Last Name)
●共同演者の名(First Name)姓(Last Name)
●各演者の所属機関名について
・所属機関は文字数に配慮して、略称にてご記入ください。
略称サンプル) (研究室名や講座名は省略)
・所属の後に都市名、国名をご記入ください。
●「JPFSM No.6」掲載用抄録本文
●キーワード 英語でご記入ください(3個)
原則として小文字で入力してください。(但し、固有名詞はこの限りではありません)。

※上付き・下付き・イタリックなどの表記をする必要がある場合はタグで囲んでください。(タグは文字数には換算しません。)

※UMIN オンライン演題登録システム FAQ(演題投稿者用)
http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htm

※予め適当なワープロソフトで制限文字数以内に調整した原稿を用意し、それを画面にコピー・ペースト(貼り付け)するようにしてください。

所属機関略称サンプル
単語 略称
and &
Biochemistry Biochem.
Biology Biol.
Biomedical Biomed.
Bioscience, Biosciences Biosci.
Cellular Cell.
Center Ctr.
Chemotherapy Chemother.
Clinical Clin.
Dental, Dentistry Dent.
Department Dept.
Division Div.
Experimental Exp.
Graduate Grad.
Gynecology Gynecol.
Hospital Hosp.
Immunology Immunol.
Institute Inst.
Laboratory Lab.
Medical, Medicine Med.
Molecular Mol.
National Natl.
Pathological, Pathology Pathol.
Pharmaceutical, Pharmacy Pharm.
Physiology Physiol.
Prefectural Pref.
Radiobiology Radiobiol.
Research Res.
School Sch.
Science, Sciences Sci.
Surgery, Surgical Surg.
Technology Tech.
Therapeutics Therap.
University Univ.